2010年08月23日

緊急!!ご協力宜しくお願いします。

    お久しぶりっすあせあせ(飛び散る汗)


    本題ですexclamation×2

    ルッ君と同じ免疫介在性溶血性貧血という病気と闘っている

    ミニチュアダックスフンドのちなちゃんが輸血を必要としていますexclamation

以下転載ですexclamation×2

    2月に免疫介在性溶血性貧血と診断された ちな必死で闘病しています。

9b740aab-s.jpg

先日8回目の輸血をしました。
下げとまらない貧血。
輸血をしなければ命をつなぐ事ができません(;_;)
病院の供血犬だけでは間に合わない状況となってきました。
次もいつ輸血が必要となるか分かりません。


輸血には、ワンちゃんとその飼い主さまの協力が必要となります。
関西在住の1歳〜8歳ぐらいまでで15kg以上のワンちゃん。
毎年のフィラリア予防やワクチン接種済みで健康なワンちゃん。
かかりつけ医は、奈良市で奈良公園・近鉄奈良駅の近所です。
緊急時は、京都市内(西京区・下京区)の病院になる事もあります。
クロスマッチテストが必要な為、病院まで足を運んで下さる方。
クロスマッチで適合しなかった場合は無駄足となってしまいますが、それでも良いよと言って下さる方。

このブログがたくさんの人の目に止まり、一人(頭)でも多くの方に協力していただけたらと節に願っています。
どうか、よろしくお願い致しますm(__)m

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


  免疫介在性溶血性貧血は、原因不明の病気で一年後の生存率は50%と言われています。


  完治する仔もいれば、治療の甲斐もなく亡くなってしまう仔、完治しても再発して亡くなってしまう仔もいます。


  ルッ君は、この2年3ヶ月で何回も何回も再発をして

  先生もその度に今回はダメかもと何回も思っていたそうです。
   聞いた私はビックリダヨ

  投薬中ではありますが、ルッ君が元気に毎日過ごせているのは

  先生の成せる技exclamation&questionルッ君の生命力exclamation&questionの両方が伴っていないと治る病気も治らないと思いますexclamation×2

  みなさんの、大事な大事な家族の小さな変化を見逃さないでくださいねexclamation

   

   ちなちゃんの日ごろの様子はooO まりもっちなわーるど Ooo  でご覧になってください犬(笑)


   最後まで読んでくれてありがとうございました<(_ _)>



   にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

   にほんブログ村


ニックネーム みゅう at 09:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

癲癇(T_T)

     ルッ君、免疫介在性溶血性貧血の他に


     間接炎と癲癇を持ってます。


     毎日毎日、きちんとお薬を飲ませているのに


         癲癇をおこしますもうやだ〜(悲しい顔)

DSCF2142.JPG


        今までは、一か月に1、2度でしたが


        つい最近、一日に3回も癲癇を起こしたので


        血中濃度を検査してもらい



        低いと言う結果が出てバッド(下向き矢印)

   
        またまた、お薬が増えちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)


にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

ニックネーム みゅう at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

経過は順調(^^)v

  金曜日は、ルフィの病院の日でしたるんるん
DSCF2001.JPG  


    サンちゃんも、家族になったことで


    ストレスとか心配はありましたが


    血液検査の結果は良好で



    ルッ君も、サンちゃんの事を受け入れてくれたみたいで


    ホット一安心しました。
DSCF1991.JPG




サンちゃんも元気いっぱいですが、


    先生に家族が増えたとの報告も兼ねて


    健康診断診断してもらう事に病院


もちろん、健康体でしたわーい(嬉しい顔)
DSCF2005.JPG

みんな元気で何よりです。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村




    
ニックネーム みゅう at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

年明け早々(T_T)

    ルフィが、13日の晩から食欲がなかったので

    14日に病院へダッシュ(走り出すさま)

    何時ものこと・・・・・

    問診して、採血・・・・・

    貧血なので血管が、なかなか出なくて

    3カ所目でやっと採血ができたんやけど

    大げさなルッ君exclamation×2針を刺す前からおこってて

    先生に申し訳なかったですバッド(下向き矢印)

    血液検査の結果は

    1月10日よりも

    免疫介在性溶血性貧血が悪くなってましたバッド(下向き矢印)

    ステロイドを飲ませ続けると副作用が出るので

    今まで、検査の結果をみて

    先生が、少しずつお薬を減らしてくれてたのに・・・・・

    


    でも、入院はギリギリセーフで逃れて

    お薬は、また増えちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)

2009_0116fuf10006.JPG
黄色い半粒以外は1日2回飲んでます。

   今まで、先生に聞きたかったけど

   怖くて聞けなかった事を思い切って今日は先生に聞いてみました。

みゅう「先生バッド(下向き矢印)完治ってするんですか?」

先生 「う〜ん
    最初の治療で元気になる子もいるし
    この病気は、最初の治療で効果がなくて亡くなる子もいるし
    再発して、薬が効かなくて亡くなる子もいるし
    ルフィちゃんの場合は、まだ薬が効いてくれてるから
    今のところは、悪くならないように保つことですねexclamation


    とのお話でしたバッド(下向き矢印)

    先の見えない病気なのかなー(長音記号2)

    


    そして、今日も病院へダッシュ(走り出すさま)

    血液検査をして、

    ほんの気持ち良くなってましたるんるん

    今回は先生から、脾臓で赤血球を壊してるから

    治療の一環として、脾臓を採ってしまうという方法もあると

    でも、脾臓を摘出しても良くなる子とならない子もいると・・・・・

    3月頃を目安に状態が良かったら手術になりそうです。

    
2009_0116fuf10007.JPG
  再発を繰り返してもめげずに頑張ってるルフィにポチください
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    

    
    


    
    

    

    

    

    
ニックネーム みゅう at 19:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

遅すぎますが、あけましておめでとうございます。

        皆さん、去年はお世話になりました。

    ワンコ共々みゅうを今年も宜しくお願いしまするんるん

    さてさて、年末の締めくくりに免疫介在性溶血性貧血の検査をしてきました。

    結果は、以上なしでした・・・・・

    が、やっぱり年末年始は病院の開いている時間も

    決まっているので

    些細な事でも気になってしまいませんか?

    でもでも大丈夫exclamation×2

    ルッ君が、通院してる病院は、

    元旦以外は、午前中だけ開いているので安心なんでするんるん

    てなわけで

    無事に年を越すことができたんですがバッド(下向き矢印)

   

    今日、今年初の免疫介在性溶血性貧血診察へ行ってきました。

        結果は最悪でexclamation×2

        再再再発ですバッド(下向き矢印)

    今回は、これといった症状がなくて

    ルフィが、辛かったのに気付けなかったことが悔しいですバッド(下向き矢印)

        神様が、いるのなら

    これ以上 ルフィを苦しめないでくださいお願いしますバッド(下向き矢印)

2008_0220myu33567880002.jpg
パティ&ルフィにポチお願いします にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ 
    

    
ニックネーム みゅう at 15:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

今年もお世話になりました。

    今年もあと数日で終わっちゃいますねわーい(嬉しい顔)
    
    今年はどんな1年でしたか?

    みゅうの今年1年は、

    前半は、まぁ〜まぁ〜でしたが

    中間からは、ルフィが免疫介在性溶血性貧血になり

    治療方法、投薬が 免疫を下げるので

    皮膚に湿疹や、オデキが たくさんできたり

    前からの関節炎、癲癇などで

    毎日が、ルフィは病気との闘い

    みゅうは、ルフィとの闘いで

    あっチュー間に過ぎたようなふらふら

    ルフィが病気との闘い ←は分かりますよねるんるん

    みゅうはルフィとの闘い ←は

    ルフィは、ほんまに賢いのかドンクサイのかボケてんのかあせあせ(飛び散る汗)

    薬を飲ませてから、直ぐに吐き出すことも多々あんねんけど

    30分後とかに吐き出すんやで〜〜〜顔(なに〜)

    ありえへん

     と思ってらっしゃる方も居てると思いますが

     上唇の処に薬を溜めて?忘れたころに

     ペッexclamationペッexclamationペッexclamationっと


パティも登場おやつが挟まって取って〜取って〜
と泣いているルフィにポチくださいにほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

    
ニックネーム みゅう at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

免疫介在性溶血性貧血の経過

     8月6日に再発した免疫介在性溶血性貧血ですが

     一度貧血気味になっただけで
     (かる〜く言ってますが、命にかかわるのよ〜)

経過は順調で、くすりの種類と

     飲む回数が減って やっと一安心でするんるん

     

     そんなルフィですが、くすりを飲んでるせいで

     食欲増進exclamation×2オシッコ増量

     もちろん体重もやばいくらいに増えてしまってもうやだ〜(悲しい顔)

     関節炎が痛いみたいで、ビッコを引いて歩く姿が痛々しいです。

     へそ天で寝ていますが
2008_1011rufipate0010.JPG


ちょっとへんexclamation&question
2008_1011rufipate0012.JPG


わかるかな
2008_1011rufipate0011.JPG


これで、わかるかな?
2008_1011rufipate0016.JPG

そうですよ〜舌を前に突き出して寝てるねん顔(イヒヒ)
そんな情けないルフィにポチくださいにほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

     

     
ニックネーム みゅう at 07:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

免疫介在性溶血性貧血について、ルフィの場合

    この病気について、ルフィの場合ですが

    オシッコが、濃くなり、食欲と元気がなくなります。

    でも、症状はいろいろあるらしいので

    あくまでも参考にしてください。

    今回、再発した時は、フードは食べなかったけど

    自分の好きな、おやつはパクパク食べてました。

    このような症状が出て、放って置くと2、3日で死んでしまう場合もあります。

    大げさではありますが、怪しいなって思ったら

    何をさて置いてでも、病院へ連れて行ってあげてほしいです。

    しつこいようですが、あくまでもルフィの場合の症状なので

    違う場合もありますので、自己判断でお願いします。

CABIYX55.jpg   


今日も、朝の5時からみゅうをベロべロ起こしたルフィにポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

    
ニックネーム みゅう at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

目の怪我の事

   みなさん、こんばんは〜

   治療に使うお薬のせいで、ルフィーの目が潰れるかも・・・・・

   と診断でしたが、今では目の眼球の腫れもひきました。

   目の検査の時は、とっても痛いのか大げさなのか

   先生の手に噛みつこうとしたり
   (鼻がペッチャンコなので噛めませんがあせあせ(飛び散る汗)

   血液検査の採血の時も痛いのか大げさなのか噛みつこうとしたり
   (残念ながらやっぱり、はなぺちゃなので噛めませんあせあせ(飛び散る汗)

   先生の配慮で、足にバリカン入れるのも遠慮気味にしていただき

   傷は残りましたが、目が潰れることもなく

   全く見えなくなったわけではないので

   みゅう的にはです。

   光っている部分が、傷跡ですもうやだ〜(悲しい顔)
   CACBC7UX.jpg

痛くてガウガウしたけど先生を噛まなかった?
噛めなかった?ルフィにポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ 

    
   
ニックネーム みゅう at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

免疫介在性溶血性貧血、今日に至るまで

   免疫介在性溶血性貧血になってから

   今日までの経過です・・・・・

   5月9日から

   約2か月半、病院へ入院し12回通い15回の血液検査をして
 
   7月26日の検査で完治してやっと病院と距離を置くことができました。




    晴れ 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ



ヤッターーーーーーーーー絶好調

   



   と言いたいところでしたが・・・・・

   7月30日に目を怪我したので、またまた病院へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

   


   そして8月6日、目のけがと免疫介在性溶血性貧血の検診のため病院へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

   もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)免疫介在性溶血性貧血が再発してましたバッド(下向き矢印)

   なんで、家の子なん?他所の子が病気になれば良いと言う事じゃなくて

   なんで?ルフィが選ばれるん?

 先生「再発すると点滴や薬が効かない事もあるし」


   
   先生「免疫介在性溶血性貧血の治療に使う点滴や薬が
   目を怪我している時に使ってはいけない薬なので
   目が潰れるかもしれない」

   と言われました。

みゅう「先生、命が助かって元気になる為なら、宜しお願いします。」

 先生「良かったexclamation×2それなら遠慮なく治療ができるexclamation

   目が潰れてしまうのは、ほんまにショックでした。

   それよりも、点滴や薬が効かないかも・・・・・

   その方が私にはショックでもあり諦めモードに・・・・・
  
   今回は、助けてくださいというよりも頭の中が真っ白になって

   きっとルフィは私から離れる運命なんだバッド(下向き矢印)

   こんな直ぐ再発するなんて助かりっこないって

   ルフィの生命力を信じることなんてできなくて

   ただただ、ボーっと一晩過ごして

   朝、病院へ・・・・・

   結果は、回復に向かっていましたexclamation×2

   今回は嬉しくて嬉しくて嬉し涙がいっぱいいっぱいでてきて

   懸命に治療をしてくださった先生方とスタッフさん方に

   感謝exclamation感謝exclamationです。

   ルフィにも「信じてあげられなくてごめんねグッド(上向き矢印)」と

   今もまだまだ投薬中ですが、頑張ってますわーい(嬉しい顔)

CALA6ONX.jpg

こんなに不細工な時もありますがポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
   

  

   

  

   
ニックネーム みゅう at 15:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

ルフィ、頑張ったね。

        続きです。

    一休みして、夕方病院へ行へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
    
    ぐったりしてるし、点滴してる前足も痛々しいし
    ご飯も食べてないもうやだ〜(悲しい顔)

    
    食欲がないのはわかるけど・・・・・

    「ルッ君元気になれないんだよ〜」

    と無理やり口の中にご飯を押し込んでみた顔(え〜ん)

    ありゃexclamation&questionありゃりゃりゃexclamation&question

    食べる食べるexclamation×2

    食欲がないわけじゃなくあせあせ(飛び散る汗)

    甘えてるだけやったんかい(-_-;)オィオィ

    とご飯を食べさせていると、

  先生「お家につれてかえる?

  みゅう「えっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

   先生「今、ご飯食べたでしょ〜
     入院しててストレス溜まったら治療にマイナスになるから、
     しっかりくすりが飲ませらるならお家で過ごした方がいいでしょう」

  みゅう「先生exclamation×2連れて帰れるのは
    嬉しいけど怖いよグッド(上向き矢印)大丈夫exclamation&question

   先生「明日の朝また連れて来て検査した結果で
     また、入院するか決めましょう」


   みゅう「はい」

    ルフィを連れて帰れたのは嬉しいけど不安で不安で・・・・・

    また、眠れぬ夜を過ごし

    朝、病院へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

    検査の結果は

    赤血球数:274 赤血球容積:22.0 白血球数:2.08

    その他、もろもろのトータルの数値がよかったので

    これから、家で投薬治療をすることになりましたexclamation

    お家に帰ってからのルフィは、入院する前にもまして

    甘えたが酷くなり、みゅうが洗濯干しするのに2階へあがると

    階段を1段1段、必死に

    3段目まで上ってこれるようになりました。
     (小さな成長?)

     続く・・・・・
    
1日2回、ルフィが飲んでるお薬だよー(長音記号2)
    CA65WGK0.jpg

    頑張ってexclamationこんなにたくさんお薬を飲んでるルフィにポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
    
    
    
    

    

    

    

ニックネーム みゅう at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

只今、ルフィ病気療養中

   みなさん、お久しぶりですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


   みゅうワンズは、みんな元気ですexclamation×2
   

   と言いたいところですが
   

   5月11日にくるみママさんからのお誘いで名張まで


   オフ会へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)車(RV)たらーっ(汗)と行くはずが


   5月8日の晩9日の朝とエサを食べないもうやだ〜(悲しい顔)元気ないもうやだ〜(悲しい顔)



   単なる食欲不振やろグッド(上向き矢印)るんるん

   


   オフ会もあるし、とにかく病院車(RV)ダッシュ(走り出すさま)


先生「唇が白いねバッド(下向き矢印)血液検査しますね」


みゅう「は〜い」


   検査の結果は免疫介在性溶血性貧血
    正常なワンコは
   赤血球数:550〜850 赤血球容積:37〜55白血球数:0.5〜1.2
    

   
    ルフィの場合
    赤血球数:287   赤血球容積:17.0    白血球数:1.69
   
先生「このまま入院して3日間治療しても赤血球の数が
   減って行くようだったら改善しないから
   お家へ連れて帰ってゆっくり余生を過ごしてください。」


   私は、この言葉に愕然とし、泣きわめくしかなく
   余生とはいっても、
   もって3日、早くて今晩と聞かされていた私は
   ルフィの生命力を信じるしかできませんでした。


そんな、私たちに先生
    「でも私は、五分五分やと思ってるから
    諦めてないよexclamation
    
   と先生の言葉で慰められ
   ルフィに「また、明日来るね(T_T)」と約束して帰宅・・・・・


   みゅうに「あっちいけexclamation触るなexclamation×2」と
   いわんばかりの、態度と顔が頭から離れず・・・・・
   家に帰って、ただただ涙が止まらず
   ルフィがもし明日まで、もたなかったら・・・・・
   もう会えない・・・・・
   

   





   次の日の、病院が始まるまでの時間が一週間にも10日にも感られ、  
   長くて長くて病院からいやな電話がかかってきたら
   どうしようとか、心では祈っていても
   頭の中は、悪い方ばかり考えてしまってました。  
   

   
   病院へ行くと元気はないものの
   回復への兆候がわずかながら出始めていると
   先生からお話を聞き
   またまた、涙が止まらず泣いてしまって・・・・・


   ルフィと夕方また来るねー(長音記号2)の約束をして
   とりあえず、昨日の晩眠れなかったので
   ちび共たちと、お昼寝眠い(睡眠)



   続きは後ほど・・・・・
    CAM7SNQL.jpg
   

病気と闘うけな気なルフィにポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ





   









   


   


   
   

   



   
ニックネーム みゅう at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする