2007年04月18日

ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 小脳障害じゃなかったよん!

長文です
 次男の入園ウサギ長女の進級とその他色々
 新春で、中学校ビル幼稚園ビル獣医さんとの行ったり来たりでダッシュ(走り出すさま)
 忙しくて、PCを久しぶりに向かってますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


  さてさて、本題です。
  
  ブラッドを9日に病院へ連れて行ったら
  
先生「あれ〜だいぶ歩けるようになったね〜
   検査止めときましょうか〜?」

みゅう「しなくても、大丈夫ならしない方が、家の家計も助かるんですけど」


  
先生「今日、検査した結果でMRIをするかどうか決めましょうか?」

みゅう「はい」


ー(長音記号2)      ー(長音記号2)     ー(長音記号2)     ー(長音記号2)




そして、夕方病院

先生「う〜〜〜ん」

先生「前の薬で回復の兆しがなかったから4日からくすりをステロイドに  変えてみたんだけど、ステロイドで反応する病気で考えられるのは、
  小脳出血、頚性ヘルニア、骨髄・脳リンパ腫で・・・・・
  多分、頚性ヘルニアやと思うんやけど、どうする?」
  
   

ー(長音記号1)     ー(長音記号1)     ー(長音記号1)     ー(長音記号1)



みゅう「安心したいから検査してくださいexclamation


先生「では、検査しましょうか?exclamation×2


みゅう「はいexclamation×2


先生「では、明日の夕方お迎えに来てくださいねexclamation×2



と言うわけで、次の日晴れ

妹とパパがお迎えに車(RV)ダッシュ(走り出すさま)


先生「頚性ヘルニアでしたよ〜」

妹「あ〜良かったグッド(上向き矢印)
  先生、ありがとうございましたexclamation×2


先生が、必要以上の検査を申し込まないでくれたので
検査費用は、大幅にプライスダウンで、4万7千円でした。

1日から、10日までの、医療費は
検査費、点滴、お薬、往診、血液検査入院費
7万9千30円でした。
高い医療費で、益々貧乏路線まっしぐらですが
「リンパ腫で、癌にだったら顔(泣)
 明日になって、起きてこなかったら」
と不安な毎日を送るよりも
自分たちが、安心したいから
病気にあった、治療をして貰いたいからと
安心にお金を払ったと思えば安いものだし笑えるし(貧乏やけど笑ってます)


結局、頚性ヘルニアで「なんやヘルニアやったんか〜」と
お思いの方もいらっしゃると思いますが、
先生のお話で、抜けてはいますが

動物のMRIがないころ
急に歩けなくなって、
薬でその後歩けるようになり
その1ヵ月後に急死してしまった。


とお話を聞きました。


家のブラッドは、運良く頚性ヘルニアでしたが
間違った、診断、くすり
口の聞けない動物には命取りになりますので
皆さんも、信用のおける獣医さんを探してねexclamation×2








ニックネーム みゅう at 12:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ブラッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

小脳障害2

     長文です。     
  4月3日、午前中ブラッドをお迎えにいきました車(RV)ダッシュ(走り出すさま)


     先生に、経過を聞いたら
      
先生「まだ、歩く事は出来ないし
       オシッコと、うんちは、その場でしちゃいます〜」

みゅう「そうなんですかグッド(上向き矢印)


先生「MRI検査しようか〜?その結果で
        見ていくことにする?」

みゅう「先生、検査してが出て、手術したら治る可能性はあるん?」


先生「僕としては、頭蓋骨を割ってまで危険な手術をするのはね〜
・・・・・・・・・
   僕が、脳の手術に詳しくないからかもしれないけど
   命の危険を犯してまでする事は進められないかな・・・・・
   とりあえず検査だけして、この仔がヨタヨタでも
   歩けるようになれば、僕はそれでもいいと思うんだけど・・・・・
     

  ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)  


   家の仔達のかかりつけの、獣医さん
   飼い主の気持よりも、動物たちの立場で考えてくれているので
   先生にお話を聞いて、ふと我に帰るとあせあせ(飛び散る汗)
     
   私たち飼い主のエゴで、
   歩けなかったら、かわいそうとか
   ご飯、排泄、お散歩など色々
   ブラッドの事も、そして自分のこともふまえて
   考えてしまっている自分に気づかされます顔(え〜ん)

     
   前にもノンちゃんの事で・・・・・
   ノンちゃん、目が斜視なんですけど。
  「斜視だったらかわいそう〜」なんて思って
   斜視の手術の事を、お話したら
   「手術までしてする必要ないんじゃない」って言われて
      
   言葉は、簡単ですが
   「あっ!そうか〜ノンちゃんが、斜視でかわいそうって
   思ってたのは、自分でたらーっ(汗)
   ノンちゃんは、手術なんかするより
   斜視のままでも、困る事はないんだよな〜」ってその時も
   考えさせられました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


先生「どうする?今日つれて帰る?」

みゅう「はい」

先生「もし、お家で見るのが大変だったら連れてきてくださいね!」

みゅう「はい」


先生「MRIの予約だけ入れておくからね!
       なにかあったら、すぐ来てくださいね!」

みゅう「はい」

    
    家に連れて帰って、マナーバンドして
    いつでも見える所に、寝かせてあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

    案の定、この日は、オシッコを2回お漏らししてしまいましたが
    家に帰ってきてホッとしたのか、爆睡でしたexclamation×2
        
     2007_04060046.JPG



     
 4日、朝になってもオシッコがない
    あるのは食欲小鳥
    食欲があるのは、嬉しいけど、排泄がないのは心配なので
    何時もお散歩で、排泄しているので
    抱っこして、外へ・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
    特に前足にきてるので、介護用のハーネスで
    体を支えてあげてお腹に手をそえて・・・・・たらーっ(汗)
    それでも、排泄しないので顔(泣)
    抱っこして、よそのワンのオシッコの
    臭いを、嗅がせたり・・・・
    やっぱり、しない顔(なに〜)


    即効バス病院ダッシュ(走り出すさま)
    先生にオシッコを、採ってもらって
    一安心・・・・・
    
    先生「排泄を、うながすように毎日お散歩しているコースを
       抱っこして、連れて行って
       時々おろしたり、オシッコ臭わせたりしてみてくださいね
       オシッコしないと、腎臓の方にも悪くしちゃうからね!」

   みゅう「はい!」



 
       

    そんな病院通いが、6日間続いた・・・・・
    先週の土曜日、
    回復の兆しか、ヨタヨタと立って
    2.3歩、歩けるように・・・・・
    そして、排泄も散歩に
    連れて行けばしてくれるように・・・・・


    そして、明日MRI検査のため
    今日から病院へ入院です。
    



大阪には、高度動物医療、ネオ・ベッツVRセンターと言う
開業獣医師が出資し、目的は、公共性の高い伴侶動物医療センターです。

   今通っている獣医さんが、
   ネオ・ベッツVRセンターの
   グループに病院になっているか
   しっておく事も必要になる時が来るかもしれないので
   調べてみてください。
大阪府、兵庫件、和歌山件、京都府、奈良県、三重県、愛媛県、徳島県、広島県、宮崎県、鹿児島県
   グループ病院一覧
   
   
    




      
      



     


  
     
     
     

     
   


      

       
       

      
        
        


       
ニックネーム みゅう at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

小脳障害

           今日は妹のワンコの事です。

4月1日、朝ブラッドと妹が散歩から

帰ってくると、「姉ちゃん姉ちゃん来て来てー!ブラッドが歩けなくなっちゃったー!」

妹に、どういういきさつで歩けなくなったかを聞くと

散歩の途中で、よそのワンコに会い「ワン!ワン!」と吠えたので

「こら、ワンワン言ったらあかんexclamationおいでグッド(上向き矢印)」とリードを引いて

    歩き始めたところ
歩き方が、(なんかおかしいな〜?)と思いながら様子を見ていると

急に倒れて、歩けなくなったと・・・・・





前々から、腰痛もちだったので

(また、腰が痛くなったのかな〜?)程度の気持で

病院

ブラッドの様子をみるなり
先生「あれ〜脳やね〜」

妹「えっ?」

先生「前足にきてるね〜う〜ん・・・・・」

先生「たぶん、小脳に何かの損傷か、小脳を圧迫しているかですね〜」

妹「先生、なおるん?」

先生「う〜ん、今日ブラッドちゃん預かるね!また明日午前中来てください」

妹「はい!明日のなったら歩けますか?」
(こいつは、かなりに天然ですΣ(−◇−;)えっ・・・ )

先生「う〜ん、どのくらいまで良くなるかは解らないけど、治療しますね」

妹「はい!お願いします。」



       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次の日、妹が仕事なので

私がブラッドを迎えに行くと、

ブラッドは、お家に帰りたくて必死にしがみついて、

お家に帰りたいモードバンバンでしたが

先生に、病気の事を詳しく聞いたあと

先生「昨日とかわりがないから、今日もう1日預借りたいんやけどグッド(上向き矢印)

みゅう「はい!お願いします。」

つづく・・・・・


ニックネーム みゅう at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする