2010年08月23日

緊急!!ご協力宜しくお願いします。

    お久しぶりっすあせあせ(飛び散る汗)


    本題ですexclamation×2

    ルッ君と同じ免疫介在性溶血性貧血という病気と闘っている

    ミニチュアダックスフンドのちなちゃんが輸血を必要としていますexclamation

以下転載ですexclamation×2

    2月に免疫介在性溶血性貧血と診断された ちな必死で闘病しています。

9b740aab-s.jpg

先日8回目の輸血をしました。
下げとまらない貧血。
輸血をしなければ命をつなぐ事ができません(;_;)
病院の供血犬だけでは間に合わない状況となってきました。
次もいつ輸血が必要となるか分かりません。


輸血には、ワンちゃんとその飼い主さまの協力が必要となります。
関西在住の1歳〜8歳ぐらいまでで15kg以上のワンちゃん。
毎年のフィラリア予防やワクチン接種済みで健康なワンちゃん。
かかりつけ医は、奈良市で奈良公園・近鉄奈良駅の近所です。
緊急時は、京都市内(西京区・下京区)の病院になる事もあります。
クロスマッチテストが必要な為、病院まで足を運んで下さる方。
クロスマッチで適合しなかった場合は無駄足となってしまいますが、それでも良いよと言って下さる方。

このブログがたくさんの人の目に止まり、一人(頭)でも多くの方に協力していただけたらと節に願っています。
どうか、よろしくお願い致しますm(__)m

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)


  免疫介在性溶血性貧血は、原因不明の病気で一年後の生存率は50%と言われています。


  完治する仔もいれば、治療の甲斐もなく亡くなってしまう仔、完治しても再発して亡くなってしまう仔もいます。


  ルッ君は、この2年3ヶ月で何回も何回も再発をして

  先生もその度に今回はダメかもと何回も思っていたそうです。
   聞いた私はビックリダヨ

  投薬中ではありますが、ルッ君が元気に毎日過ごせているのは

  先生の成せる技exclamation&questionルッ君の生命力exclamation&questionの両方が伴っていないと治る病気も治らないと思いますexclamation×2

  みなさんの、大事な大事な家族の小さな変化を見逃さないでくださいねexclamation

   

   ちなちゃんの日ごろの様子はooO まりもっちなわーるど Ooo  でご覧になってください犬(笑)


   最後まで読んでくれてありがとうございました<(_ _)>



   にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

   にほんブログ村


ニックネーム みゅう at 09:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みゅうさん、読んで 本当にたいへんな病気なんだと実感しました
体重が15kg以上、、、心やさしいペキちゃんオーナーさん達では協力できないところが辛いですね。
友人の柴犬のところにも聞いてみたのですが
10kgと7.5kgなので、体重でやはりひっかかってしまいます。
15kg以上となると、大型犬?になってしまうのでしょうか。。。
Posted by umi at 2010年08月29日 01:38
umiさん

おひさしぶり〜♪
毎日暑くて、暑くて私溶けそうよ〜

ルッ君も普段は元気にオヤツくれ〜だの
遊んでくれ〜だのブーブー言ってるから
この仔は何処が悪いの?って思っちゃうんだけど
改めて考えると
何時も死と隣り合わせなんだよね!

umiさん、お友達に聞いてありがとう<(_ _)>
心使いだけでとても嬉しいです(*^_^*)

家のマロンでやっと15`やもん
柴ちゃんやったら大きくても10`だよね〜

その頼りになりそうなマロンも6月に
妹達と関東へお引っ越ししてしまって
もっと早く、ちなちゃんと出会っていれば
協力できたかもしれないと思うと悔しいです。
Posted by みゅう at 2010年08月29日 16:34
昨日は、温かいコメントありがとう
ございました!ペキニーズちゃんも、
いるのですね(*^^)v
ブログさっくりとですが読ませて頂きました
(*^^)v実はぺきままは、てつぼっくりさんと
大阪インターでお会いし、お話させて貰った
事があるんですよ♪その時は、名刺の変わり
に、お店のカレンダーを頂きました。
とても、親切な方で、お知り合いとは、
本当にビックリしています♪
また、ムックや獅子丸の手術が落ちついたら
遊びにきますね!昨日はありがとうございました♪輸血の協力、ペキニーズなので、
ご協力できなくて本当にすいません。
Posted by ぺきまま at 2010年10月18日 08:28
ぺきままさん

ブログ読んでくださってありがとうございます(●^o^●)
大阪インターだったら
私も、もしかしたらすれ違っているかも
ムックちゃんや獅子丸君が元気になったら
今年も大阪インターで会えるかもですね!
一日も早く病気が治るといいですね!
Posted by みゅう at 2010年10月18日 16:53
この詳細については、約ありません....ブログニース...理解するために貧血を(例えば:ええと、旧姓-ヌードルはええと)は、呼吸について少し知っておくと役に立ちます。あなたは今まで息を保持するために試したことがありますか?最初に、あなたはスッキリ。短い時間の後、しかし、あなたは息をする必要があります。空気中から:([OK]を- SIHの- jenは言う)私たちが呼吸するときに、私たちの肺は、酸素を取り込むため、それがあります。我々は生きて酸素が必要です。

また、体の他の部分、肺から酸素を取得する方法が必要です。血液は体のあらゆる部分を介して川のように流れる。血液は、酸素を運ぶ酸素がにハングアップして何かをする必要があります。これは、ボートを必要とする-と酸素を運ぶ船は赤血球で
Posted by シアリス at 2011年03月12日 15:31
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2266993
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック