2008年09月07日

免疫介在性溶血性貧血について、ルフィの場合

    この病気について、ルフィの場合ですが

    オシッコが、濃くなり、食欲と元気がなくなります。

    でも、症状はいろいろあるらしいので

    あくまでも参考にしてください。

    今回、再発した時は、フードは食べなかったけど

    自分の好きな、おやつはパクパク食べてました。

    このような症状が出て、放って置くと2、3日で死んでしまう場合もあります。

    大げさではありますが、怪しいなって思ったら

    何をさて置いてでも、病院へ連れて行ってあげてほしいです。

    しつこいようですが、あくまでもルフィの場合の症状なので

    違う場合もありますので、自己判断でお願いします。

CABIYX55.jpg   


今日も、朝の5時からみゅうをベロべロ起こしたルフィにポチお願いします。にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ

    

ニックネーム みゅう at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 免疫介在性溶血性貧血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みゅうさん ご無沙汰しています。
ぺき丸の飼い主です。
しばらくお目にかからない間にルフィ君大変だったのですね。
治療の甲斐あって、元気になってよかったです。
まだ投薬は続くとのこと。ルフィ君もお薬大変ですが、みゅうさんもお身体に気を付けてがんばってくださいね。
Posted by おぺきちゃん at 2008年09月08日 15:24
おぺきちゃんさん、こんばんは〜お久しぶりでするんるん

ほんとうに、大変だけど
結果が良かったので
良い勉強になったと思うようにしています。

じゃないと悲しすぎますよね顔(イヒヒ)

完治するかどうかは分かりませんが
その日がくるまで頑張ります。

ありがとうー(長音記号2)
Posted by みゅう at 2008年09月08日 21:47
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1489210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック